ツナグモノ

2012年に個展にて発表させて頂いた”ツナグモノ”のサイトです。

これはモノ作りを通じて、改めてヒトとテクノロジーと言う存在を考えたいと思い、作品を作りました。


どうぞごゆっくりご覧ください。

ツナグモノ2
ツナグモノ2
目の前に映る光景は、誰によって創造されたのでしょう。
今、私の目の前には灰色のビル群が見えます。大きなシンボルタワーも見えます。
これはきっと”ヒト”によって創造された。
そうに違いない。

”ヒト”とは何でしょう。
素朴で普遍的な問いに答えるのは簡単な事ではありません。
私たちはモノ作りから、この普遍的な答えを見出だしたいと思いました。
なぜなら、モノを作ると言う行為は”ヒト”特有の能力だと思うからです。

この能力によって、”ヒト”はある種、イキモノとし食物連鎖の頂点にいるのだと思います。
確かのこの能力はとても優れた能力で、あらゆるモノを創造し作りだして来ました。

だから今目の前に見える景色は”ヒト”が創りだした、”ヒト”世界(社会)だと言えます。

もしも”ヒト”が、モノを創り出し、使う事が出来なかったとしたら、食物連鎖の頂点にいたでしょうか?
きっと自然の摂理に従い、他のイキモノに淘汰されてしまったかもしれない。または、人と言うイキモノ
ではなく、もっとシンプルなイキモノだったかもしれない。
だから、モノを作ると言う行為は今の”ヒト”である事を示しているのだと思うのです。

ある時、私たちは疑問を持ちます。
手のひらに収まるスマートフォンは、誰が作ったのか?
2012年、中国の工場で大量に生産されているでしょう。
大量の”ヒト”が工場のラインにならび、組み立てている風景は想像出来ます。
しかし、何千とある小さな部品、そのすべてが”ヒト”の手で作られているのでしょうか?
多分”ヒト”の手が介在しない部品も多くあるに違いありません。
設計も製造もシミュレーションももしかしたらすべてがコンピュータによって作られた部品も
あるかもしれません。
コンピューターが操るロボットたちは、今は単純な作業しか出来ないかもしれませんが、ヒトより
も正確に速く、休まず作業してくれます。
そして、ほとんどの部品がいずれ自動的に作られ、、いやすでにそうやって創られた製品があって、
知らないうちに使っているかも知れません。
目の前に映る光景が”ヒト”によって創造されたのか。     答えはYES?
目の前に映る光景が”ヒト”によって100%創造されたのか  答えはNO?
--------------------
ある時、ヒトは創造する役割を終え、新しい創造主が誕生する事になるのだろうか。
その時、ヒトは他の生きモノの中で行き続ける事が出来るだろうか。
”ヒト”はイキモノとして、もっとも弱い立場になり、淘汰されて行くのだろうか。

ヒトの生きる役割りとはなんだろうか。
私たちはモノ作りを通して、もう一度”ヒト”とは何かを考えて行きたいと思っています。

ツナグモノは、Zprinterを使って出力しました。 素材は樹脂含石膏です。 表面はざらざらしています。

少し素朴な質感です。 強度は弱く壊れやすいです。


Twitter GoldenMonkeys